この2元性の世界 part1

   

61e72a64b1c3ecda4ef0fe6e7ba85ddb_s

こんちは!

今日は世の中は2元性の世界だ!!という考えをシェアしたいなーと思っています!

 

今私たちが存在しているこの世は二元論的な世界です。

この二元論は道教など古来から色々な書物で語られています。

 

まず、この世の仕組み、二元論について軽くざっくり私なりに話してみたいと思います!!

この2元性の世界

 

 

二元論とは

 

二元論(にげんろん、dualism)とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。例えば、原理としては、要素としては精神物体など。二元論的な考え方は、それが語られる地域や時代に応じて多岐に渡っている。二元説とも言われるが、論理学における矛盾原理および排中原理とは異なる。

※Wikipediaより引用

 

 

とりあえずwikiを引用してみました!!

 

これじゃ意味が分わかりずらいかもしれません、簡単にいうと…

 

陰と陽

男と女

光と影

善と悪

 

このように反対である性質のものは、お互いがあるからこそ成立して

反対であるものが存在しているからこそ完全だというものです!!

 

例えば「お腹が減る」といった事象に関して考えてみよう~!

 

お腹が減って「お腹いっぱいになりたい!」と望んだとしましょう。

お腹がぺっこぺこで腹を満たすために、ご飯を用意して食べます。

「幸せっす!!私はしあわせだーーーー!!!満腹満足!!」

めでたし、めでたし。

 

 

はい!ここでよーく考えてみて~!!!!

 

人生で一度もおなかを空かせた事のない人がいるとします。

常にずーーーっとお腹が満腹で満たされています。

 

それってつまり!

 

おなかが減ったという事象が存在していないのデス!!

 

お腹が減るから、おなかがいっぱいになる

 

 

おなか一杯!!幸せ―!!を得るためには

一度腹減った死ぬ―!!がないといけないのです。

 

 

これが2元論!

 

光を感じるためには暗闇が必要です。

光に光を足しても認識できず、真っ暗闇の部屋に暗闇を足しても認識できないじゃんっ

 

これが2元論!

 

悪が存在しなければそもそも善などない。

 

これが2元論!

 

つ~ま~り~

 

反対するものがこの世にあるからこそ、もう一方の性質が存在でき認識でき体験できる。

 

反対するものと自分の望むもの

それはまるでずっと遠い距離にあるようで背中合わせなんですなぁ。

 

2つ揃わないと1つになれず一方の性質だけでは不完全なのだという事です。

有名な画像を一つ入れときます

 

これです☝これこれ☝

 

白い部分(光・陽)に黒(影・陰)もあり、黒(影・陰)の部分に白(光・陽)もあり

この二つ円をなしていてどちらか一つでもかけると円にはならず。

 

これがこの世の仕組み2元論の世界です。

 

人は誰でもこの二元性の中で苦悩する。

 

 

人間は悲しいかなこの反対する性質(2元性)を両方一緒に体験はできないんです

男らしくて女らしいを同時にはできないし、

明るくて暗い場所もないし~、

にぎやかで落ち着いてるを同時に表現はできないっ!!

 

仲間がほしいけど、人付き合いはしたくない。

自由がほしいけど、確実な何かを与えてほしい

 

挙げればきりがない~

 

この二元性の中で人は無意識に自分にとっての正義(損得、善悪などを基準に)を選び

選ばなかった一方に蓋をします。

 

だって選択し続けて人は生きているんです~毎瞬、毎瞬選んでるわけですよっ。

ってことは、毎瞬毎瞬一方を選んでいないって訳です!

 

 

一方を蓋して、一方だけを体験し続けるとどうなるのでしょう!!

 

例えばダイエット中の人が

「食べたいけど、太るから食べない」

と相反する感情の中で食べたいに蓋をして食べないを選んだとしましょう

すると、選ばなかった反対する事象が自分の目の前で現れてきます。

 

全然今までそんな話がなかったのに急に

「ダイエット中でもこんなくらい食べちゃうわ!後で動けばいいのよ」

みたいな人が現れます!

どええええ~

 

自分が選ばなかった方の選択をしている人に遭遇していくんです!!

 

そしてイラっ。ムカっ。とスイッチが入ってしまいます…。

「我慢もせずに、食べまくって痩せるはずないじゃない」

「そんな甘い考えだからやせないのよ」

 

などなど心の中で不協和音が生まれたりします。

 

普段のちょっとした選択なら何も問題を抱える事はないですし

自分にとってさほど重要でない事は、どちらの選択を目にしても

「ふーん、そんな人もいるのね。」

「面白い!人それぞれね」

と受け入れることができるんですが

蓋をした感情が苦渋の決断であればあるほどすげーーーーーーー嫌な気持ちになります(笑)

何なんだこのめんどくさいシステム~!!!

 

あなたの影なのだ!

 

ズバリこれはあなたの影なんです!!

自分の中で相反する物の一つを選び。もう一つに蓋をした。

一つの感情に意識の光を当てて、もう一方の感情は闇に葬り影となったんです。

自分が選択したものは内に、もう一方は外から自分の影として現れここでも2元性を現しながら

私達に成長を促してきます。

 

あああああああああ

素晴らしや森羅万象のこのシステム~

めんどくさいこの苦しみ~

あーーー長くなる長くなるのでpart2に続きます

また次回!!

 

 - 人生の法則, 本当のスピリチュアル私の概念, 気づき