思考の力で視力回復!眼鏡とおさらば!裸眼で生活出来るようになったほんとの話

   

neko

こんにちは!「こころまぐ」のサイト運営をしている、ゆかです!視力が悪く、10年間眼鏡をして生きていましたが、思い込みを外すことによって視力回復し、裸眼生活が出来るようになった嘘のような、本当の話です!!ぜひ読んでみてください。

眼鏡生活になったわけ

 

私は小さな頃から、視力は良くて1.2くらいでした。ところが20歳の時、急に視力が落ちはじめました…その原因は洋裁の会社に入社して、ミシンを使って仕事する時間が増えたからでした。

 

裁断場から裁断された生地が上がって、それを縫う仕事です。ミシンの電気は薄暗い黄色い電気で、ひたすら手元を見て8時間、作業を続けます。そんな生活が続いた時、ふと遠くの時計を見たら…なんだか見づらい…おかしいな…。目を凝らしたり細めたりして、最初は疲れているのかな?と思っていたんですが、家に帰ってテレビを遠くから見るときも見え方が違って見えました。こりゃ、視力悪くなったかもな。職場の先輩にこのお話しすると

 

先輩
あー、この仕事していたらみんな通る道なのよ…
まじっすか… 
先輩
そうそう、一人前になったと思ったらいいよ!うふ

 

との回答、正直心の中ではなんじゃそりゃ…。でしたが、縫い子のみんなを見渡す限りメガネ・メガネ・メガネ。そして社長もメガネ…。

 

あかん。ホンマにこの職に視力低下はつきものなんだ

 

心の底から納得したものでした。そう意識し始めると、車を乗るのも何だか前と違って見えづらく感じて、不安になって眼鏡屋さんに行って視力検査をする決意をしました。どきどきしながら検査をし終えると結果は

 

店員さん
両目0.7です

 

ショック…かなりショックでしたね。大人になるまで目だけは良かったし、1.2くらいで過ごしていたので、今思うと、あまり悪くないこの数値にも過敏に反応しました。私は目が悪くなったんだ。この日から、私は目が見えない人と自分で認定する事になりました。

 

今思えば、車の運転だって両目で0.7あれば眼鏡なしでいいのに、なんてすごい思い込み…(汗)

店員さんに「最近目が見えづらくなって…運転のときにメガネをかけた方がいいですか?」と聞いた時に「そうですね~心配なら、お作りして夜間など通常でも見えにくい時にご使用になってはいかがでしょうか?」と返答されて「やっぱり。作ったほうが良いんだ。」とまたもや私は目が見えない認定を無意識にしていました。

 

そもそも、店員に対して「メガネをかけたほうが良いですか?」と口走ってる時点で自分の中で「メガネをしなくてはいけない」というような思い込みがあったも同然ですよね(笑)

 

そこら私のメガネ生活は15年となります。

 

コンタクトに変えてみる

 

ある日、眼鏡は可愛くない。ダサいと思いこみ「コンタクト」をすることを決意!!この行為がさらに目を痛めてしまうのですが…

 

決してコンタクトを付けると視力が落ちると言いたいわけではありません。コンタクトの使用方法を守るのがどれほど大事か認識しておらず、2WEEKを1カ月使ったり、つけたまま寝たりと。もう今考えたらむちゃくちゃな生活をしていました。

若かったあの頃。本当に周りに流されていて、みんなそんな感じで過ごしているのを聞いて、そういう物なんだ~。いけるんだ~。とろくに目を気遣いもせずに過ごしていました。

 

お風呂だってコンタクトをつけっぱなし。そのまま寝る。起床…。目薬さす。日常生活このようなサイクルを送っていたところ…ある日、コンタクトをつけようにも目が乾いて付けれない…。つけようとしても瞬きすれば、ぽろり取れてしまう事体に

 

眼科に行くと

先生
かなりひどいドライアイですね。眼球にも傷がついているので、視力が落ちてしまいます。傷が回復するまでメガネで過ごしてください…。

 

と言われてしまいました。

 

ガーン。ガーン。ガーン。

 

目は取り替えれないし、本当に後悔しました。目をもっと労わればよかった。悔やんでも時すでに遅し…。私はまたメガネ生活に戻りました。それからは、結婚式など特別なとき以外はコンタクトは付けていません。

実際の視力

 

実際平成27年での検診で右が0.1左が0.3でした。何年も見えない生活を続け視力は下がっていったんです…。実際のその時の健康診断のときの結果です             

↓↓↓

%e8%a6%96%e5%8a%9b

 

この写真()の数字はメガネを付けての数字です。むちゃくちゃ悪くて、一寸先も見えないという訳ではないですが
メガネがないと私生活が不便な状態でした。

 

メガネがいらないと感じたわけ

 

この夏は死ぬほど暑かったですよね。毎日汗だく、下を向けばメガネがずれて、むっちゃくちゃうっとうしい。しかもノーズパットの所が汗と金属の影響で皮膚が赤くなってしまったり…トラブルが続きました。

 

夏休みの間は子どもの送り迎えもないので、これを機にちょっと眼鏡なしで生活してみるか!!と、眼鏡なしの時間が増えていました。

 

ある日、子供を市民プールに連れて行った時の事、メガネを付けて入水しようとしたら、監視員の方に「メガネ着用はメガネバンドというやつを付けなくては入水は認められません。」と言われました。

 

まぁ、そうですね…。ひょんな事でメガネが水中に落ちて誰かが踏んで割れたりしたら、ガラスも拾えないし、大ごとですからね~。

 

でもそれを付けるのが嫌で裸眼で子どもとプールに入る事にしました。3.4時間プールで遊んでいた時ずーっとメガネを忘れて遊んでました!ここで、あれ?私メガネなしでも大丈夫かもと思ったのですけどね、帰りにやっぱり見えづらくてメガネを装着して帰りました。

 

そんな毎日の中先日、【こうして、思考は現実になる】を読んでいる最中に、「私たちの誰もが、病気は修正できる状態なのに、運命だから諦めるしかないと思い込んでいる。」という一文を見た時、気づきを得たのです。

 

バカだ!視力が治るわけないと思い込んでいた!実際、メガネをはずして過ごせた時間があるじゃないか!!!それに今までだって、頭が痛い時、瞑想でやわらいだ経験が実際あったり、主人のぎっくり腰が考え方で、発症しなくなったりした経験が実際ある!!

 

なぜ、この視力の低下は自分が招いた結果と思わなかったんだ!自分が目が悪いと思い続け,実際に目はどんどん悪くなってしまったんやから!!引き寄せはここでも確実に作動してるやん!!

 

これに気づいたら、視力が回復しないわけないと思いました。

 

事実この本の中で紹介されている48時間以内に贈り物をもらうというワークを実施した時も、実際48時間以内に贈り物をもらえました!このワークを実施後、娘がさっきまでTVに夢中だったのに、急に手紙を書き出し、洗濯物を畳む私のそばにそっと置いて部屋を出いったんです!!

 

その手紙には、ママいつもありがとう大好きだよ!と書かれていました。

 

でたー!!やっぱり!!

 

引き寄せは確実に私に働いている!!そう実感しまくりでした。挙げればきりがないのですが、この本のワークは面白いし、よく出来ていて、奇跡と呼ぶことを沢山経験しました。

 

なぜ、視力だけは違うと思ったのか?本当にだんだん不思議になっていったのです。

 

叶うはずなのになぜ、それを考えなかったのか?

 

この問いが出た時点で私に疑いはなくなっていました。そこで願うだけではなく、実際に行動も必要だろう
と視力回復 トレーニングと検索したところこんな動画が出てきました。

↓↓↓

 

 

この動画を見てビックリ!やっぱり見えると思えば見えるんヤーン!!と感激!!さらに何人もこの方法で視力が回復しているという所も証明されててやっぱりな!!の連続!

 

私は早速この方法を使って、視力検査が出来るサイトで自分の視力をはかりました!結果はこの通りです!!

↓↓↓

 

%e8%a6%96%e5%8a%9b%e6%a4%9c%e6%9f%bb

 

視力回復してるやないの~!!もうね、何でしょう。やばいでしょう。なぜ私はメガネをかけ続けていたんだろう??なぜ私は疑いもなく、眼鏡がなくては生活できないと思い込んでいたのだろう…

 

いけてるやん!片目0.5以上あれば両目で0.7あるという記事を見て、免許のとき「眼鏡など」と書かれなくても良いじゃない~!!!!とすこぶる喜びました!そしてこの奇跡を自分で実際体験できた事に心から感謝しました。

 

不思議なことに検査結果が出た時「やっぱり!!」と思ったんです!やっぱりと思うって自分は疑いを持っていないという事
ですよね。

私すごいわ―!!

 

まとめ

 

実際に目は悪かったのになぜ視力が回復していたのか?

 

夏休みの事を思い返してみたら、なんかいけそうな感じがあったし…もしかしたら視力はなぜか回復していたのかもしれない。目を使う頻度についてはどう考えても今の方が頻繁に使っているんだけどね。読書・PC・スマホ…。当時に比べても2倍以上は時間が増えているもん。

 

一番悪い視力結果のときは出産した所で、そういった事も影響していたのかな?とはおもうけれど、視力が回復した要因は思いつかない。

 

 

思考は現実化する。

 

 

この事をよく考えて見たら、まず目が見えにくくなった時に先輩から言われた「この仕事していたらみんな通る道なのよ…」からこの仕事をするとみんな視力が落ちると疑いもなく信じ続けた結果、私は目を悪くしました。

 

眼鏡屋さんに行っても、私は視力が落ちたのだから眼鏡をかけなくてはいけない。と信じ続けた結果メガネ生活になりました。

 

そして今…見えると思ったら見える。

 

これを信じたことによって、今眼鏡なしで外出していますし、運転や映画を見るなどのような時以外は、何も不都合なく生活しています。

私は夜寝たら次の日朝が来るかな??って不安にはならないんですけど、それは信じきっているから!!絶対朝は来るとしか発想がない。むしろ明日の事を無意識に考えてるくらい、いつでも明日は来ると信じてます!!

 

ぶっちゃけ今回それくらいの思いがあった。あれもこれも現実化しているのに、視力は適応外とかありえない。と本気で思えたのだ。

 

だから視力回復の要因は思考の力と確信しています!!!

 

やっぱり、思考は現実化する!!引き寄せは誰でもつかえる最高の真理です!!

 - 引き寄せの法則