錬金術

      2019/09/15

錬金術,器,自己変容

錬金術をするにあたって内的圧力に耐えれる器づくり  

錬金術,自己変容,自己変化

錬金術

何でもかんでも話さない。

鬱憤や自分ではやりきれない事

逆に夢や希望も自己変容を遂げるまでは全て話さない

 

そうする内にどんどんと内的圧力は高まってくる

すると化学変化が起きて自己変容へとつながっていく

その様子は内的錬金術なんだ

 

というような事を河合隼雄さんが

何かの本でおっしゃっていた

 

まず一度自分の器に

色々な思考を溜め込む事が

自己変容につながる

 

その事が今の私に必要な事だと感じたので

自分なりの解釈を書いてみます

 

例えば、優柔不断な人を見たとき  

イライラしてしまったり

そうは言っても決めかねるのも解る

と思ったり

こういった人は何をしても上手く行くわけがない

と短絡的に決めつけてみたり

迷って、選択して、経験を積んで

自分という個性を育ていくのだなぁと

一つ上の場所から考えたり

 

一つの出来事も

一つだけの思考では決してないはずで

代わるがわる色々な思考が頭に立ち現れます

 

人間は日々こうやって

色々な反応を起こしているんだと思う

 

なんだかモヤモヤとして

吐き出したい気分になっても

そこでガス抜きなどせず置いておく

 

どんどん圧が高まり

そこへ外からの刺激も加わり

化学変化がおきる

 

錬金術でいうなれば

いろいろな思考は

色々な素材というところかな?

 

実際行われていた錬金術も同じことで

火加減が変わったり

圧力を加えたりする事により

違う物質へと変容をとげる

 

強くて大きな器

錬金術,自己変容,自己変革

錬金術

 

内的な錬金術を行うのに

とりわけ大切なことは

どんな醜いと思う事も

どんなに上手く行きそうな事も 

 

一つの自分という器に

一度ためておけるということだろう    

 

何か事が起こると

すぐにあれこれ周りに話し

結論を急ぐのでは変容を遂げるどころか

自分が出した思考に縛られ真実が見えなくなる

 

そうならない為には

まずは物事を貯めておけるだけの

器を作らなければならない

 

その器は強い火にも

圧力にも耐えれれるようでなければいけない

でないと、大きな刺激に耐えれないから

 

大きくて強い器が出来る事で

刺激に耐え圧力を加え

そして変化を遂げる事ができるんだと思う

 

それは、時に爆発するかもしれない

時には毒になるかもしれない

苦しいし、辛いし、怖い作業だ

 

人の変容というのは

そう簡単なものではなく

日々常にそして永遠にこの作業を通して行くんだと思う

器はその人の個性

錬金術,自己変容,自己変革

錬金術

 

さて私はと言うと器づくりもままならず

何か事が起きると周りに話して

圧力をかけるどころかすぐにガス抜きしたくなる

 

その時はガス抜きされ

まさにプシューとエネルギーを放出し

爆発を起こさず事無き事を得る

 

そのようなことは精神衛生上よろしい!

と思ってるが

自己変容には今一歩至らない…(涙)  

 

人は必ずガス抜きも必要だ!

だからむやみやたらにエネルギーを発散させる

というものでもなく

ガス抜きは絶対せず溜め込むべき

というものでもない

 

まずは自分の器が

どれぐらい貯め込めるのか

どのくらいの強度があるのか

把握しなくてはならない

 

そして常にその器を客観的に観察して

貯めることのできない量のエネルギーは

発散させる

これがちょうど良い。

 

言うは易く行うは難し(笑)

 

この器の強度や容量は

一人一人体験した事によって変わってくる

 

つまり個性の塊!

 

実験(体験)をし続けて

変形し続けてできた

たった一つのオリジナルの器

 

何かマニュアルがあり

それ通りにやればすべて上手く行けば楽ちんだが…

 

トライ&エラーでしかその全貌はつかめない

 

まだまだ貯め込めると思いきや

もう溢れ出ており

何かの刺激に大爆発して周りに当たり散らす

 

などという事も

自分の器を作る過程では

何度も経験するのではないかしら

 

世界に一個しかない器は

本当の所は自分しかわからないのだから仕方ない

 

失敗としか思えようなことでも

何度か繰り返せば

自分の限界を知ることも出来てくるはず

 

諦めずに精進するしかないのだ

しかも、ひと飛びにはいかず

一歩進んで二歩下がる状態で(笑)

 

まとめ

錬金術,自己変容,自己変革

錬金術

心の錬金術

それは、器がなくては始まらない

その器を作っていく事や

そこにその人それぞれの固有の素材を注ぎ

圧力を加えていく事で

きっとなんでもない素材が

金になって輝くんだろう

永遠にこの繰り返しで

より純度の高い金に変えていく

より純度の高い自分に変えていく

変容のプロセス

生きるっていうのはそういう事なのかもしれない。  

 - 変化のプロセス, 気づき , , ,