お金を使う事

   

QuinceMedia / Pixabay

お金を使う事

今日は3カ月に一度の美容院の日でした

私は3年前うちの近所にできた美容院に通っています

 

そこの美容師さんは若いのにすごくしっかりしていて

 

お客さんにはこうあってほしい

美容師としてこうしたい

 

という意志がはっきりしています

そして、伝わってきます

 

いつも仕事に向かう姿勢がブレなくて

応援したいと思っちゃうのです

 

お金を払う価値

さて、私はカットのみで4300円(次回予約の割引込みで)

のメニューをしてもらっています

 

以前はもっと安い美容院に行っていました

カットとカラーが3か月以内に行けば半額になる美容院です

カットとカラーで3980円安くないですか???

 カットの腕も前の美容院だって、満足してました

 ただ一つの難点は家からの距離が10分程度違います 

それだけで

それだけで

カット料金で比較すると

倍の値段を出しているのか??????

 

いや違うんです(笑)

決定的なのは

 

私が何にお金を払いたいのか??

何に価値を感じているのか?

 

だったんです

 

どんな使い方をしたい??

 

今日の美容院で思ったことは

この人に私の払ったお金を使ってもらいたい!!

でした

 

 お金が、この人のもとに行く…

そしてこの人がご飯食べたり安定を手にする

元気に仕事できる

良い施術につながる

受ける施術がどんどん良くなる

 

このプラスの流れに

私のお金が使われるわけです

そう考えるとちょっとうれしい!!

私のお金が

人の役に立ってる~

ってことですよね

 

そういえば以前その美容師さんが

今度ニューヨークに研修に行きます!

と言ってた時がありました

 

私のお金がその人をニューヨークに連れて行く事に

ひとやくかっていると考える事も出来ますよね

なんか人の成長に関われて感謝です(笑)

 

こういう風に意識的にお金を使えるって

しあわせだなーって…

しみじみ感じます。

 

お金の循環

もちろん大手の美容室でお金を払っても

私の出したお金は

色々な人に関わっています

大手とか独立した個人とか関係なく

どういう事にお金を払いたいのか

がしっかり分かっていれば

そこに感謝が生まれるんですが

 

以前はシャンプーはアシスタントさんがして

私のカットの合間に

もう一人担当していた

パーマーのお客さんを見に行って

また帰ってきて…

とバタバタしているうちに

この美容師さんに対してまたは

この美容院に対して

お金を払っているという意識が

全くなかったようです

 

この人じゃなくとも

切ってもらえればよくて

そもそも、この美容院でなくとも

カットしてもらえればよい

になっていました

 

そんな状態で支払うお金は

お金を払ったんだから

カットしてもらって当たり前

支払う額は1円でも安くがいい

精神につながっていたのではないでしょうか

 

今は金額が安いとか高いよりも

この人に切ってもらえて

この人がまた私のお金を使ってくれる

そしてこの人を通して

世の中に還元されていく

 

そのことが

良かったー

って思えることにつながっています。

 

美容院だけではなく

ネットでものを買っても

誰かに私のお金は行くんですが

顔の見えない相手より

やはりリアルに人から買った時の方が

私はお金の循環に意識的になれます

 

大事なのはお金を出す時

自分の状態が

幸せか、うれしいか、感謝か

不安か、恐怖か、悲しいか

気が付いている事

 

自分はどんなものなら

お金を払って感謝出来る?

自分はどんな

エネルギーを出している??

 

出したエネルギーは

必ず自分に返ってきて

影響を与えます

 

だから意識的に

エネルギーを使うべきですよね

 

お金を払う時のエネルギー

それは当たり前すぎて

意識出来ないことが多いです

 

だからこそ、まず初めは

自分が意識的になれる状態で

お金を払えたらいいですよね

 

自分のエネルギーが良い状態で

お金を手放すとき

とっても気持ちいいなって

そう思います

 

お金ってほんとうに

取り扱いが難しいですよね

 

けれど、自分が出したお金が

どういう経験の媒体になって

帰ってきているのか意識すると

お金との付き合いも

変わってくるのではないか

そう思っています

 

 - 日記 ,