目に見えない対価

   

stevepb / Pixabay

タダより高いものはない

とか

タダより怖いものはない

とよく聞く言葉ですが

先日無償でバザー用品などを

提供してくださる方について

色々な意見を聞きました

 

手作りの物を販売して

バザーで売りお金を作り

そのお金が遠足のバズ代に

なるといった話で

 

一部のお母さんが

すごく上手なアクセサリー

をたくさん作ってきてくださり

売り上げがかなり多かった

という話でした。

 

けれども

そのお母さんの材料費

がアクセサリーの金具など

高いものをたくさん使用して

いるのでは?

それは、申し訳ないし

この先もそれを続けるのは

負担では?

といった話でした。

 

ボランティアって

お金はもちろんもらえません

けれども何かを作るのであれば

原材料費がいるし

時間も労力もいります

どこまでやるかは本人任せ

なところが多いですよね

 

ではボランティアは本当に

無償なのか?

そう考えた時

お金で考えるから

色々混乱して

見えなくなるんだな

と思いました

 

その人ではないので

たとえ話ですが

やりがい

良いものを作りたい

みんなに喜ばれたい

園児に還元したい

そのように考えているのでは

ないでしょうか。

その結果売り上げも上がり

みんなも喜んでくれて

自分も作る時間楽しくて

園児も遠いところに遠足に行けて

となったら???

労力に対して最高の対価ですよね

 

 

なので

それを周りが気にするのも

変な話だな~と思うのです

けれども

 

この作品かなりお金かかってるんじゃ?

時間もすごくかかるよね

負担だよね…来年からは

こういったものは作らないとかに

した方がいいのかしら?

なんて悩む気持ちもよく

分かります

 

それは金銭だけを考えて見ている

という事

そして、ほとんどの人は

そのような思考で生きている

という事だと思います

 

いくら私が

でも本人がいいと言ってるなら

良いのでは?

といったところで

冷たい意見としてしか

受け取られないでしょう

みんな感謝して喜んでって

それが一番の対価なんじゃない?

なんて言おうもんなら

空気が変になっちゃう(笑)

 

ボランティアでやってくれている

そのことにすっごく感謝すれば

その人はその人なりの

対価を手にしていると

私は思いますけれど

 

それは私の読書会(お茶会)

にも言えることで

お金をとるとかではなく

学びをシェアする場を

盛り上げてほしい

同じ学びをしている仲間

と出会いたい

という意図のもと

対価が得られています

 

 

実はお金より欲しいもの

みんな沢山あると思います

ボランティアをしている側も

無料でしているので

とても素晴らしく良い行為

と思うのもちょっと

ずれていると思います

無意識にせよ

何か得ているはずですから

 

 

金は天下の周り物

エネルギーも循環するもの

無償の奥に潜む

エネルギー交換を意識する事で

もっとシンプルな仕組みに

気が付くかもしれません

 

それは日常生活にも

当てはまります

 

もし、なにか無償で引き受ける

事が癖になっている人がいたら

無償で何かしてあげる代わりに

何を得ていますか?

それを考えるのも

面白いかもしれませんね

 

こういった話がもっと身近に

ディスカッションできたら

良いのになと思っています。

まずは気軽に↓

読書会募集

良かったら参加してみませんか

あなたの体験のシェアが誰かの気づきに

誰かの気づきが誰かの体験へとつながる

面白い場です

またZOOMやスカイプなどなら

読書会参加できるんだけどなー…

という人がいた場合

コメント欄からコメントくれるか

気軽にメールくれるとうれしいです!

 

 

 

 

 

 - 日記