癒しの光(上)を読み解く③ エネルギーを知覚してコントロールする1

   

癒しの光(上) 読み解くシリーズ③

 

エネルギーをコントロールするために

エネルギー,コントロール

エネルギーをコントロールするために

 

癒しの光(上)を読み解く②で

人は誰でも

エネルギーの知覚を

知らず知らずしている

という話を

例をあげて考えていった

 

今回はエネルギーを

コントロールするとは

どういった事か

読み解いていきたいと思う

 

エネルギ―をコントロールするにはHSPが必要

エネルギー,HPS,感覚,コントロール

エネルギ―をコントロールするにはHSPが必要

 

エネルギーをコントロールする

その前に最低限エネルギーを

知覚しなくてはならない

 

知覚するためには

バーバラ・ブレナンの言う

HSP(超感覚的知覚)

を育てなくてはならない

視覚

聴覚

嗅覚

味覚

触覚

の五感に加え

直感

直接知

感情の知覚

愛の知覚

をみな持っていて

それを育てなければ

ならないという

 

五感

感覚,五感

五感

 

五感は普段から

みんな使っているので

なじみがあると思うが

超感覚的知覚によって

使われる五感は

通常の感覚より

より拡大された範囲で

使用でできなければならない。

 

つまり今まで

感じる事のできなかった

領域まで繊細に

感じれるようにするのだ。

 

こんまりさんから学ぶ五感の超感覚的知覚

 

最近私はこんまりさんの

人生がときめく片付けの魔法2

で印象的な文を読んだ

物は素材によって

出している空気感が違う

布や紙は

呼吸をしていて

暖かい感じ

プラは石油からできていて

胸が詰まるかんじ

電気コードは

ポワンとしている

電化製品は

ピリリとした匂い

といった事を書かれています。

 

他に

このお皿大事にしているのですね

とお客さんに聞いたら

その方は

ちっとも大事にしていなかったが

亡くなったおじいさんが

作ったもので

おばあさんが

大事にしていて

お客さんが引き継いで

持っていたのだとか

こんまりさんはそのお皿を見て

何か他のお皿との違いを

HSPで感じたのですね

 

収納の時素材別で分けるのを

こんまりさんは進めているのですが

よくわからない時は

匂いで分かる

というのです

 

本は木の感覚

匂いは酸っぱい

お金は金の感覚

匂いは辛い

というから驚き!!

 

金券もお金の匂いがするそうで

こんまりさんの

クライアントさんも

そのようにかぎ分けることが

できるそうです!

 

そもそも捨てるか

捨てないかを

ときめき

という感覚で決めている

そのときめきを感じる力

半端ないと思います

もしときめきがわからなければ

一度ギューッと抱きしめる

とわかるようですよ

触覚に嗅覚に視覚に聴覚

色々なお話が他にも出てきます

この本はもう全て

HSP超感覚的知覚の例

のオンパレードではないでしょうか

 

物質の次元を

エネルギーの次元と切り放さず

根源から理解して

部屋をかたずけている

素晴らしいですね。

世界中の心が動くのも

分かる気がします。

 

直感

直感

直感

 

他には直感がある

これはよく言われる例で

電話が鳴った瞬間

誰からの電話かピンとくる

実際電話はその人からのものだった

という感じの感覚です

 

直接知

直接知

直接知

バーバラ・ブレナンの言う

直接知

は予知能力のようなもの

ではないらしい

自分の知識にない事を

質問された時

その情がどこから来るのか

わからないが

 

解答がわかる

 

というのだ

ただ単にわかるらしいのだ。

ふむふむ…

 

自分の経験を棚卸してみる。

このような事があったような

なかったような…

 

この経験の棚卸作業

意識的に取り組むことが

まさにたのしい

 

直接知について

経験談を語ることは

私にはまだできません。

 

感情の知覚

感情の知覚

感情の知覚

 

感情の知覚

私にとっては

かなりなじみ深い

小さな頃から

誰かが喧嘩していると

自分もそのエネルギーを感じ

辛くなり悲しくなり

ずーっとしくしく泣いていた。

よく、なんでお前がなくねん!

と突っ込まれました(笑)

 

私は明確にすべての感情を

(喜怒哀楽)

知覚できているわけでは

ありませんが

 

顔の表情に関わらず

(ニコニコしていても、ムッとしていても)

その人の本当の感情を感じる事は

得意かもしれません

 

何か雰囲気が伝わるのです

あと自分の身体も

反応しています

胃が重くなったり

胸が詰まったり

肩が軽くなったり

足がふわっとした感覚になったり

 

あ、今嫌なのねとか

あ、喜んでるね。

と私の全体が感じます。

 

それは声色を聞く聴覚

顔色を見る視覚

その人を触った時の触覚など

感覚総動員して

感情を読んでいるのかも

しれません。

 

毎回

あの時嫌な感じだった?

あの時心躍ってた?

と毎回答え合わせができていないし

友達に毎回これを聞くのは

なかなか現実的ではないので

正解率などはわかりませんが

 

自分自身の体験を振り返ると

このような感覚だな

と思いました。

 

愛の知覚

愛の知覚

愛の知覚

 

この愛の知覚

私は現時点ではさっぱり

?????です(笑)

そもそも

 

愛って何?

 

の状態で

今自分を愛する

という事を徹底的に

チャレンジしたい

と思っているくらい

超絶、初心者です(笑)

 

そもそも

チャレンジしたい

というレベルは

チャレンジさえしていない

ってことですしね。ハハ

 

自分を愛する事が

完璧にわかっていないのに

人を愛するという感覚

分かるはずない。

 

自分が経験していない事は

理解できないですし

 

私は子供が2人います

もちろん深く愛しています。

 

けれど、愛について考えだすと

やはりふわふわになってしまうのです

 

あの人を嫌い。

自分を嫌い。

 

その感覚はよく知っていますし

自分のこういうところ

大嫌い

と感じるのは

私の十八番。

 

だからこそ

愛がやっぱり

わからないのです。

 

そしてこの愛を知覚するなんて

なんて難しい事か。

 

バーバラ・ブレナンは

3年を費やし

愛について行動するように

意識したそうです。

 

そして、愛を持って生きることを

学んだそうですが…

 

光の手(下)

自分を愛するワークが

具体的に載っています

 

アファメーションだけというのでなく

きちんと段階があり

このような事をしてみて

感じてください

とステップアップしていく

ように書いてあるので

愛について

ぜひそちらを読んでみてください。

私もまずはこれに取り組もうと思います

 

HPSは非常に精妙なもの

HPS,精妙

HPSは非常に精妙なもの

 

HPSにより得られる情報は非常に精妙な物であり、人間の脳は通常、それを重要でないものとして 排除してしまう。これを音楽を聴くことに例えてみよう。音が大きいときには、その中のより柔らかな調べを聞く事は難しい。音量を下げると、柔らかな調べや精妙なニュアンスが意味を持ち始める。リズムの中にリズムを聞くことができる。

同じことが、HSPとHEFにも当てはまる。頭の中の雑音のボリュームを下げて、生の柔らかなリズムと精妙なニュアンスに注意を払おう。これをしばらくの間練習すると、こうした精妙なリズムこそが、正の一瞬一瞬の経験の構成要素であることがわかる。※癒しの光(上)より引用

 

と本書に乗っている

この文で私はかなり

腑に落ちた

 

この例えの通り

瞑想を続けると

小さな音や感触にまで

意識が及び

いつもの感覚より

より拡大されているのが

よくわかる

 

瞑想中に

電話のベルが鳴れば

心臓が飛び出るくらい

ビックリする

 

明らかにいつもの感覚の

受け取り方と違っている

 

体中にその音が

響き渡るように感じる

身体を貫くように

 

普段の生活している意識では

電話が鳴るくらい

ちっとも何も感じないのに…

 

この感覚の違いを体験し

感覚が鋭くなっている時の事を

しっかり覚えていれば

HPSを育てることに

役立つだろうと思う

 

この感覚が育ってはじめて

エネルギーをコントロールする

段階へと進める。

 

ここまでもきっと

長い道のりだろう

 

長々となってしまったので

続き読み解くシリーズ④

に書こうと思う

 

※注意※

これは私がバーバラ・アン・ブレナンの著作物を何度も読み

自分なりに読み解き、解釈をした記事です。

この記事をきっかけに

バーバラ・ブレナンの著書を読み

自分の考えを見つけてくださるといいと思います。

◆募集◆

普段、なかなか目に見えない事を表立って話しあい

真剣に語る場が少ないと感じています。

語り合う場がなければ

議論も深まらず。

正しい判断も育たない。

知識として共有もできない。

このように感じます。

まずは、オープンに

自分が目に見えない世界を

どう感じているのか

どう思っているのか

話し合える場があればいいですね。

その足掛かりとして皆で

バーバラ・ブレナンの著書を読書して

皆でどういった意味か読み解く

こんな場があればいいなと思っています。

もしそのような場があれば参加したい

と感じている人はぜひ、連絡ください

毎月1回など曜日を決めて実施したいです!

yaginooshigoto◆gmail.com

↑◆を@に変えてください。

お問い合わせ欄からでも連絡できます!

今記事を読んでくれているあなたと

語り合える日を夢見ています!

 - ハンズ・オン・ヒーリング, バーバラ・アン・ブレナン, 気づき , , , , , , ,