エネルギーや感情の世界は一進一退

   

Comfreak / Pixabay

感情に気が付く

最近成長したなーと感じたことがあります。それは、自分の感情に気が付く事がほんのちょっとなんだけど、上手くなったという事です。

今まではその状況に飲まれてて、その場で自分の感情がどうなっているかなんて、気が付くなんてできなかった。

怒っている、ものすごく悲しい。ものすごく痛い。こんな事簡単にわかると思いがちですが、普段からのキャラが邪魔して素直に感情を感じる事はなかなか至難の業。

 

たまに、道でずっこけている大人を見かけますが、たいてい恥ずかしそうにうつむきながら苦笑いしてます(笑)痛いという感情より先に周りに意識が行きます。怒りたくとも大人として振る舞ううちに、その感情すら感じなくなる事もあります。

 もちろん、泣きわめき、自分の感情を表現しまくれば良いという訳ではないのですが、本当の自分の感情に気が付かないのとは別問題。感情に気が付くのは至難の業であるのは変わりない。

 

他には、無意識状態に近く。なんかカチンときた!みたいな感覚。イラッとか、モヤッとか。それがどんどん大きくなり乗っ取られてコントロールが効かなくなり、いったい何がどうしてここまで感情がおかしくなったかわからない!という事も多々あります。そもそも何に反応しているのかも理解できない。本当の自分の感情を深く見れていないから無意識にスイッチは押されてしまっている。

 

 もちろん成長したとはいえ、すべてに気が付いている状態ではなく無意識的に反応している事もまだまだ多いのだけれど…けれども以前に比べて、その場で気がついる事の割合が増えたのは実感としてあるのはうれしい事です。

 

 最近、夫と喧嘩した時「あー、かなり私頭に来ているわ」と心のどこかでつぶやく事が出来ましたから、成長です(笑)

 

 以前ならもう嵐のような感情が私の中を吹き荒れて飲み込まれて、パニックというか、自分を見失って、ただただエネルギーを吐き出すという感じでしたから。吐き出し方も物にあたる相手にあたる子供にあたると悲惨で…。

 

 言ってはいけないひとことを言って、後で悔んだり。壊してはいけない(後で困る、後悔するもの)物にあたって、壊してしまったり。

 

その時自分でも何をしているのかわからない。わかっていない状態で過ごしていました。

 

 ある程度このような精神世界やエネルギーの勉強を始めて何が起きているか理論的に理解出来てからは、怒りなどのエネルギーが過ぎ去ってから『何がそうさせたのか』という反省をしていました。

 

 理論的になるのは冷静さが必要ですからね…。そしてそれを頭だけで理解するのではなく実践すべきなので、毎回一人反省会をしては、次回このような時にどう意識的になるのか。次へ生かしていました。

実際どう変わったの?

今,変わった

InspiredImages / Pixabay

そうこうしているうちに、どう変わってきたかというとですね。

怒っている時に『私怒ってるなー。』ともう一人の自分がきちんとリアルタイムで解説してくれます(笑)

さらに『うわーこの爆発的エネルギーは何や!!』と、感覚的に感じる力が付いてきて、ちょっと驚いたり(笑)

実際、最近夫と喧嘩した時には『あかん!無理一旦外に出さなくちゃ。このエネルギーを消化も昇華もできない。』と感じてこのエネルギーを何とか外へ出す方法を片っ端から試したんです。

いらない洋服をビリビリ力いっぱい破り。

いったん散歩へ行き。

枕を殴り。

 でもまだまだモヤモヤしたエネルギーは無くならず、心でずっとなんでや。なんで~~~涙。と思っていました。

 そこで、やっぱり話し合おうと思った私は、夫と向き合って話すことになりました。

 

主人の反応や話し方などにまたスイッチが入り、感情の波がドバ――――と現れてきて、口喧嘩(結局あかんのかーい)

相手をどうやって攻撃するか頭がフル回転!(こういう時の頭の回転って天才的に働く)

これを言えば言い返すことはできないだろう。どれだけひどい事をしたのか、どうわからせてやろう。

 

『お前は加害者私は被害者!!!!』心の叫び

 

これ以外なかったです。15分くらい喚き散らして中にたまっていたモヤモヤがスーっとすっきりした感覚が体を包みました。そこでやっと我に返りました。

 

あースッキリ 😀 

 

もうあのエネルギーは見当たりません。涙も鼻水も汚い言葉も全て出し切りましたからスッキリですよ。

 

こうならない為に我慢した半日は言った言い何なのか??無駄な努力だったのかーー !!:cry: 

主人が私の爆発エネルギーを受け取てくれておしまいという結末。これが嫌だからがんばってんのにぃぃぃ~。

 変わったといってもそんなもん

 

なーんだ変わったって、そんなもんかぁ。ですよね。そうなんです。怒りに我を忘れそうな時はその場にジャッジしない第三者を登場させる事が大事。これを2年もやり続け、まだ完璧でないんです(笑)

 

ですが、もやもやしたエネルギーがある事に気が付き、体感的に体がどういう状態なのかも体験しました。胃のあたりがムカムカして重いエネルギーでしたね。

 

そんな体の状態を軽くするため、エネルギーを発散させるため、実際動いてみて、何時間かはやり過ごせた。というのは今まで出来なかった事でしたし、身体はスッキリとまでいかなくとも、先ほどの感覚とはまた違っていましたしね。体験から分かったことや実感したことは沢山あります。

 

今までは、喧嘩して相手が誤ってくれても、心のどこかで感謝などできず、当たり前!あなたが悪いのだから。というような傲慢な気持ちがあり。自分勝手な思考がコントロールできずそれがあたかも真実のように見えていたけど、制御できれば色々違った真実が見えてきました。

 

今回の真実は、彼が私のものすっごく重いエネルギーをいつも受け止めてくれていたのだ。という事。そう思うと感謝の気持ちがこみ上げてきました。以前はどれだけひどい状況だったんだ(笑)

とにかく我を忘れて、無意識スイッチがONになり自分でもよくわからないくらい取り乱し、わめいてた私からしたらすごく成長を感じたんです。

文章に書いたら『怒りで我を忘れそうになったら冷静になり自分を観察しましょう』このたった一文が実際に体験して実際に自分で意識的にその状態になるまでに2年ですよ(笑)事によっては、まだまだ冷静にすらなれない事もあるし。

 

そんなもん。私はそう思ってます。

 

この訓練はすべてに通じる

 

訓練,すべて,通じる

jplenio / Pixabay

こんなもんだけども、それでもエネルギー、感情の使い方を覚えると人は飛躍的に伸びていくんだろうと思っています。

 

例えば、火の使い方を覚えたら料理も出来るし暖をとることもできるし、明かりとしても使えますね。ただ火の性質を知り使い方を知ることで出来ることは増え、以前の限界を飛び越え飛躍していきます。

 

それと同じで自分の感情の性質を知り、実際にコントロールして使えるようになれば本当の真実を知り、魂は飛躍的に成長を遂げるのでしょうね。

 

ただ、使い方をマスターするまでは長い道のり。歩みも遅く一進一退。まずは最初の一歩から。

 - 変化のプロセス, 日記 , ,